JCEとは

JCE(Japan Coffee Exchange)とは


アジア全域、アメリカ、ヨーロッパにてQグレーダーインストラクターとして活躍するほか、日本人唯一SCA(SCAAとSCAEの合併組織) Coffee Skills Programの全講座におけるインストラクター資格を持つAST(Authorized SCA Trainer)、さらに日本人初で国際的にも希少なQアラビカグレーダーとQロブスタグレーダーの両インストラクターとしても知られるKoju Matsuzawa氏によって2016年に創設。更なる珈琲業界の成熟を目指し、旧来の体制に捉われないアプローチで、精力的にカッピング会やQグレーダーコースの開催などを行っています。


スペシャルティコーヒー新時代到来!

日本初ICP認定のご案内


CQI認定Qグレーダー保有者 及びコーヒー業界関係各位


この度、私共Japan Coffee Exchange(以下JCE)は、2017年QグレーダーコースCQI公認ラボの開設に続きまして、ついに日本初のICP認定を受ける運びとなりました。これにより、日本国内にてQ認証鑑定が可能となりました。

年々進むグローバル化を背景に、世界中の素晴らしいコーヒー豆が国内各地を駆け巡る昨今、ご存知の通りこれまで消費専門国として築いて来た産地との関係性にも大きな変化が顕れております。生産者支援や品質指導など消費側からのフィードバックに留まらず、着々とその距離を縮め続ける大きな流れの先には、もはや、日本も生産地と一体となった”新しい視点”を持つ必要性がくっきりと見えはじめています。

また、日本国産コーヒーとして史上初のQコーヒー及びスペシャルティコーヒーの認証を得た沖縄産マイクロロット(15/16)を筆頭に、九州地方や小笠原など実際の国内栽培実績も頻繁に耳にするこの頃となりました。

この度の、JCEによる日本初ICP認定が上述のコーヒー新時代の発展をさらに加速すると同時に、国内に多数いらっしゃるQグレーダー保有各位の更なる活躍・研鑽の機会となり、また、これからのコーヒー産業を支え切り拓いてゆく高い意識と技術を持ったバリスタ、ロースター、インポーターなど、あらゆる分野に対して有益な価値を提供できる事と確信しております。


日本初!ICP認定によって出来る事


貴方の買付けた(または買付検討豆の客観評価としても)生豆にスコアと認証を付加する事によって、より高い商品価値を生み出します。生産地/生産者に対して、より具体的な品質向上アドバイスや対話が可能になります。国内でのカッピングにより、スピーディな連携による生豆評価が可能です。Qグレーダー保有者には実際のコーヒー豆評価依頼の可能性が高まり、認定資格本来の役割に近づきます。


※注1 ICP(In Countory Partner)とは、、、

CQI(Coffee Quality Institute)が、世界各地において「包括的にコーヒーの評価から売買支援まで行われる仕組み」の、普及促進協力契約を結んだ各国の協力機関です。国ごとに1機関しか認定されず、各生産国には多数存在しますが、日本での認定はJCEが史上初めてで唯一の存在です。コーヒーの評価における役割として、Q鑑定依頼されたコーヒー生豆に対してICPが3名のQグレーダーを選び、当該生豆サンプルの評価を委嘱し、その結果に基づき「Q認定証」や「テクニカルレポート」を発行します。

※注2 SCAとは、、、

世界最大級のコーヒー事業者団体です。

「make coffee better(より良いコーヒーを)」を掲げ、スペシャリティコーヒー業界内の統一力として機能し、協調的かつ進歩的なアプローチを通じて世界中のコーヒーの基準を引き上げるための様々な活動に取り組んでいます。

詳細は、SCAのホームページをご覧ください。